記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

WINTER NAMM 2018 : Taylor の新たな進化!! V-Class Bracing

この記事は2018.01.28 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

Taylor の新たな進化!! V-Class Bracing

Taylor のさらなる進化!! V-Class Bracing 登場。

常に新たな技術とデザイン、さらに経営理念。
アコースティックギター業界ににおいて最先端を走り続けるTaylorから、またも驚きの新製品が発表!!





いち早くNamm Showのディーラーブースにて、短時間ですが日本ディーラー向けの説明会が行われました。



Taylor V-Class Bracing

現時点で完成形を迎えたTaylorギターでしたが、さらなる進化を目材し、ルシアー&デザイナーのアンディー・パワーズが5年の歳月を費やし完成させた新しいプレーシングデザインを採用。

その名のとおり、Vの字を描いたトップブレーシンブが驚きの結果を生み出すことになりました。





このブレーシングによる効果として、豊かなボリュームと優れたサスティーンという相反するファクターを同時に実現。
また、各弦の圧倒的な分離感がギターという楽器の弱点であるハイポジションでのイントネーションのズレを解消しているとの事。確かにハイポジションでコードを弾いた時に、驚くほどのサスティーンとピッチの良さを感じる事が出来ました。

さらに、離れた場所でも生音が濁る事なく聞こえる、優れたサウンドプロジェクションを実現しています。

いかにこのモデルが、Taylorギターの進化と自信を表しているかという事がホール内のラベルにも表れています。



これまで、ラベルに入っていたサインがBob Taylor から Andy Powers に変わっています。



現時点でV-Class ブレーシング採用モデルはGAシェイプのみ、900シリーズ、Kシリーズ、Builder's Edition、Presentation Seriesとなります。





その他、こちらのBuilder'sエディションはカッタウェイ部に複雑なカーブを描いており、優美なルックスとプレイアビリティーの向上が図られています。
ピンの位置もハイポジションでの演奏を考慮して裏側に。



この V-Class Bracing の目印はナットがブラックと一目でわかるので、今後店頭に並んだ際は意識してお試しください。

すでに本国サイトでは動画での説明がされていますので是非チェック!!

https://www.taylorguitars.com/guitars/acoustic/v-class-bracing/story

友だち追加