記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : JoeCo 384Khzに対応したUSB2.0インターフェイス「Cello」登場!

この記事は2018.01.26 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

384Khzに対応した、USB2.0オーディオインターフェイス登場!

業務用のレコーダー「Black Box」シリーズでお馴染みのJoeCoから、22 in/4 outのUSB 2.0インターフェース「Cello」が発表されました!384Khz対応&ダイナミクスレンジ125dbという驚異的なスペックです!

こちらも事前にリーク情報が出ており、その時から気になっていた製品です。

思っていた以上にパネルレイアウトが整理されていて、使いやすそうだな、というのが第一印象です。

じゃあ背面はどんな感じかな??と手にした瞬間、「軽っ!」と思わず声が!そうなんです。実際の重さは公表されていませんが、めっちゃ軽いんです。少しオーバー目に言うとiPhoneくらいの感じでした。

 

背面レイアウトを見ても必要なモノは一通りあり、あえてデジタルを抜かすと2 in/2 out、ヘッドフォン2系統のシンプルなインターフェイスともいえます。ちなみにMIDIの入出力も右サイドに付いています。さらに、本体の右端の方にこっそりとトークバック用のマイクが内蔵されており、CELLO専用のコントロールソフトからアクセス可能と細かいところまで気が利いております。

 

デモのDAWがLOGICだったので、謳い文句の一つである384khz対応の恩恵は分かりませんでしたが、ヘッドフォンの音を一聴しただけでLynxのAurora(n)シリーズやRMEのADI-2 Proと同様の次世代の解像度を感じました!

正直、シンプルイズベストな筆者としては、かなり欲しくなっています(笑)

 

想定売価も$899と意外とお求めやすいようで、2018年のQ2には発売したいとのことでした。

発売が楽しみですね!

 

記事担当/澤田

友だち追加