記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : IEMブランド「Stealth Sonics」を発見!

この記事は2018.01.26 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

IEMブランド「Stealth Sonics」を発見!

おそらく日本ではほぼ馴染みのないブランドの「Stealth Sonics」ですが、事前に情報を得て気になっていたので、早速チェックしてきました!

 

カスタム、ユニバーサルともに3つのモデル展開

Stealth Sonicsはシンガポールのプランドで、Stealthシリーズと呼ばれるプロダクトラインを展開ています。2ドライバー(1基のダイナミックドライバー、1基のBAドライバー)、4ドライバー(4基のBAドライバー、4wayクロスオーバー)、9ドライバー(1基のダイナミックドライバー、8基のBAドライバー、4wayクロスオーバー)というモデル構成で、ユニバーサルモデルはU2/U4/U9、カスタムモデルはC2/C4/C9と分かりやすいモデル名となっています。

 

コネクターは2pin(カスタムはMMCXも選択可能)。BAドライバーについては一部を除き、自社でサウンドデザインしたものをドイツのメーカーに依頼して製作したものだということです。日本への販売を本格的に見据えていたようで、日本で販売するにあたりサウンドチューニングを研究したとのことでした。ユニバーサルモデルには付け替え可能なフェースプレートと、低域のレスポンスを向上させるStealth Damping Technologyを備えています。iOSに直接繋げることが出来るLightning-2pinケーブルもオプションとして用意されていました。

ユニバーサルモデルの発売について伺ったところ、現在プリオーダー中で、今年の5月の発売開始を予定しているとのことでした。

 

 

U2

 

1基のダイナミックドライバー、1基のBAドライバーのハイブリッドドライバー。オーディオファイル向けを意識したモデルとのこと。どのモデルにもカラーリングが入っていて、写真では色味がわかりにくいですが、U2は赤いラインが入っています。発売となる際の想定価格は249ドル。

 

 

U4

 

ブルーのラインが入ったU4。ミュージシャンの使用を意識したモデルとのこと。片側4BAドライバー搭載モデル。発売となる際の想定価格は499ドル。

 

 

U9

 

 

シルバーのラインが入った片側に1基のダイナミックドライバー、8基のBAドライバーを搭載した9ドライバーモデルのU9。ステジオエンジニア、マスタリングエンジニアの使用を意識したモデルとのこと。発売となる際の想定価格は1099ドル。

 

どれもダブルフランジのイヤーピースで試聴したので、高域抜けよりのサウンドで聴きましたが、聴き疲れしにくいナチュラル傾向のサウンドです。どのモデルも共通して広く鳴る感じが特徴的でした。

各モデルによってドライバー構成がかなり異なるため、U4ではBAドライバーらしい繊細なサウンドながらきついピークがないサウンド。U2、U9はハイブリッドではあるものの、実際試聴した感じではハイブリッドっぽさはなく、ダイナミックドライバーが補完的にうまく生かされている感じを受けました。

 

現在、日本での代理店はなく、国内での取り扱いは未定です。まだユニバーサルモデルの発売も少し先とのことですので、今後の動向に注目していきたいと思います。

 

記事担当/小松

 

友だち追加