記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : Gretsch Custom Shop と二人のマスタービルダー

この記事は2018.01.25 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

 

 

Gretsch Custom Shopもショーモデルが展示!!

 


今年で135周年を迎えるGretsch。
日本製のレギュラーモデルはもちろんですが、当店で気になるのはやはりUSAのCustom Shop!!

そんな中、Fender Custom Shop イベントと同時に行われたGretsch Custom ShopのNamm モデルのお披露目。
今回は9本が展示されていました。

 

 

 


Gretsch Custom Shop G6118 135th Anniversary (2-Tone Dark Cherry Over Amber Flame)
- Msster Built By Stephen Stern -

Gretschのアニバーサリーモデルといえば、1958年の75周年時に登場した6125Anniversaryと6118Anniversary(2P.Uの通称ダブルアニバーサリー)。
こちらはフィルタートロンにトレッスルブレーシング仕様。59年頃の6118を基調にゴージャスなスペックで仕上げた一本。

アニバーサリーの特徴といえばGretsch伝統の2トーンカラーのボディー。
今回はダークチェリーのトップにサイドバックはアンバー・ナチュラルで品良くキメています。
アニバーサリーの特徴とも言えるダイアモンドはプレートでは無くインレイに。
筆記体のブランドロゴにもスペシャル感を感じさせてくれます。




Gretsch Custom Shop Model 150 Artchtop (Vintage Sunburst)
- Master Built By Stephen Stern -

今回のNammモデルの中で、唯一の復刻モデルと言えるこちら。
1934年のカタログに掲載されていたフラッグシップのアーチトップモデル。ヘッドストックにグレッチのブランド名が入った初のギターとされています。
もちろんP.Uは無く、ゴージャスなヘッドのインレイにはGretschとArtist Modelの文字。
厚いリムの2カラー・サンバーストはこの年代ならではのものが再現されています。
テールピースもピックガードもワンオフと思われ、非常に渋いチョイス。




Gretsch Custom Shop G6136 1955 Falcon (Black metallic)
- Master Built By Stephen Stern -

バーチカルロゴにウェザーインレイ、メリタブリッジとキャデラック・テールピースのオーセンティックな55ファルコンを基調にトップにはヨーロピアンスプルースを採用。
ホワイトパール柄のDynasonicP.Uと他のブランドでは見られない絶妙なブラックメタリックのカラーで仕上げた一本。

シンプルながら、やはりファルコン。グレッチの中でも特別なオーラを放っています。




Gretsch Custom Shop 1955 G6120 Relic (Dark Walnut)
- Master Built By Stephen Stern -

今回最もクールだと思ったのがこの一本!!ラウンドアップでお馴染みのノッティーパインをトップに使用した'55年スタイルの 6120。
ウォルナットカラーで仕上げられており、ボディートップのGブランド、ワイアーアームのBigsbyとcompensated Bridgeがさらにクラシックな雰囲気を盛りたてます。

本体のカラーと同色でまとめられたP.Uカバーと、ウェスタンモチーフが入ったピックガードが素晴らしい!!
Gretschらしさが失われがちなCustomモデルですが、このモデルは素晴らしいセンス!!


 


Gretsch Custom Shop G6609 Super Broadcaster Lake Placid Blue
- Desinged by Andy Hicks -

こちらはGretsch Custom Shopの一員である Andy Hicksによりデザインされたモデル。
P.Uには高出力のPowerTron/Power Tron Plusを搭載。センターブロックが入っており現代的なサウンドにもマッチするCustom Shopとなっています。

ご覧の通り、4つのセレクターノブとポットが並び、Andyによる使い勝手の良いワイアリングが施されているとのこと。
ユーザーの使い勝手を考慮した、これぞカスタムショップといえる一本です。




Gretsch Custom Shop G6128T “Dyna Jet” Lake Placid Blue
- Master Built By Stephen Stern -

こちらもCustomならではのトリッキーな一本。
いわゆるシングルカットのトリプルジェットということになります。ホワイトパールのP.Uカバーとトラスロッドカバーにレイクプラシットブルーがシングルカット・ボディーのスマートさを強調し、バンジョーレストと共に気品に溢れたモデルに仕上げています。




Gretsch Custom Shop G6130 “Sunset Roundup”
- Master Built By Stephen Stern -

これは衝撃ラウンドアップ!!その名の通り夕日のガンマンです。
どのようにフィニッシュ/プリントされているかはわかりませんでしたが、こういったモデルはオーダーしようと思ってもできないのでNAMMモデルならではと言えますね。でも欲しいとすれば、、、、、。


 


Gretsch Custom Shop G6134 Penguin BT
- Desinged by Chad Henrichsen -

こちらもGretsch Custom Shopの一員、Chad Henrichsenのデザインによるモデル。
バーストカラーの激渋ペンギンです。Gretschといえばラミネーテッド&ワンピースのトップですが、こちらはソリッド&ブックマッチのフレイムメイプルトップ!!カットアウトされたGテールピースにレッドカラーのペンギンピックガードが妖艶な雰囲気を醸し出します。

P.UにはPowertron Plusを搭載。さらにプッシュプルSWでコイルタップは可能になっています。
ナシュビルタイプのブリッジと相まって非常に実用的なギターに仕上がっているのではないでしょうか。


最後はこちら!!




Gretsch Custom Shop G6134 Roasted Maple Penguin
- Master Built By Gonzalo Madrigal -




2ピースと思われるメイプルトップとネック、ローステッド加工によって浮きたつバーズアイが美しいG6134。
さらにべっ甲バインディンの内側にはヘリンボーントリムが施され、非常に手の込んだギターであることが伺えます。
その他はシンプルなペンギンですが、極上のマテリアルと木工技術が成せるこその一本。




Gonzalo Madrigal


1996年にFenderでキャリアをスタートさせ、2004年からFender Cutom Shopの一員として、Dennis GaluszkaとYuri Shishkovに師事し、Eric Clapton "Blackie" 、Stevie Ray Vaughanの"Number One"や "Lenny" 、Andy Summers Tribute Telecaster、EVH "Frankenstein"等、高いプロファイルが必要とされるトリビュートモデルの製作にも携わりました。

同時にアーチトップギターであるベネデットでもその技術を発揮。2005年から本格的に始動するGretschカスタムショップの一員に。
そこからStephen Sternの右腕として、Brian Setzer 1959 6120、 Eddie Cochran 1955 6120 、 Billy Zoom Silver Jet 、G6128T-GH George Harrison Duo Jet等の仕事を見事成功に導いてきました。
しかながら、彼の最大の特徴は突出した芸術性と正確性、木工能力の高さだという事です。その実力は“builder's builder”と評される程。Stephen Sternと同じ肩書きを持つわけですから、その実力も当然と言えるでしょう。




今後は彼を指定してのオーダーも可能になるのではないでしょうか。若さ溢れる気合の一本を期待したいです!!


さらに!!会場にてStephen Sternに直接お話を伺う事が出来ました。



現在入れているオーダーの内容についてや、これまで知らなかった製作の部分まで、僅かではありましたが新たな発見もありました。





因みにですが、今回のNammShowモデルの説明が一部ですが、Gretsch Custom公式のYoutube見れます!!




さらに期待のGretsch Custom Shop!!日本でもたくさん手に取れる状況にしたいですね。

まだまだ入荷本数が少ないため、オーダーまでにこちらでも時間と手間のかかるカスタムですが、入荷時にはその苦労を超える喜びがあります。オーダーのご希望等、ご不明な点があれば是非一度お問い合わせください。

友だち追加