記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : Fender 選定会!エフェクター編

この記事は2018.01.25 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


Fender 選定会!エフェクター編
明日から正式開催のNAMM SHOW 2018!



前日の今日は搬入日ですが、FENDERディーラー向けの選定会が行われました。
ギターは膨大な量の展示があったので後ほど記事が上がるかと思いますが、 一足先にエフェクターのお披露目もあったので、そちらをいち早くご紹介します。 今までもぽちぽちとリリースのあったFENDER製エフェクターですが、今年は一味違います。

かつてない本格派エフェクターを一挙リリース! 本日は音出しこそなかったですが、そのルックスをいち早くご紹介します。







まずはLEVEL SET BUFFER。



おそらく常時ONで、フットSWを踏むとミュートされる実践向け仕様のバッファーでしょう。 TONE的な利き方をするであろうHI-FREQと、謎のLOAD SWを搭載。 続いてはTHE BENDS。



接続順的とコントロールから見てコンプでしょうか。 DRIVEというコントロールを備えますが、歪み成分のコントロールなのでしょうか。 Radioheadの名曲を彷彿とさせる製品名なだけに、非常にサウンドが気になる1台。

そしてSANTA ANA OVERDRIVE。



ゼンスまで備えた4EQ搭載のプリアンプ的なオーバードライブペダルのようです。
2SWでブーストSWを搭載していますが、LEVEL BOOSTとDRIVE BOOSTの表記。
2SWでどうこの2パターンをコントロールするのでしょうか。 王道の歪みなだけに、これも気になりますね。

その次はPUGILIST DISTORTION。



2種類のディストーションサウンドをブレンドするペダルで間違いないでしょう。

近年、ブレンドスタイルの歪みペダルのリリースが増えていますが、FENDERがこのスタイルに追従しました。
ペダルマーケットを真剣にマーケティングしてリリースされる1台、期待が高まります。


ここからは空間系。 まずはMIRROR IMAGE DELAY。



揺らしと付点対応のディレイのようです。
デジタル、アナログ、テープのモード切替を備え、基本的なディレイサウンドはカバー出来てしまう多機能ディレイ。 VARIATION SWも搭載し、どれも一筋縄では終わらせてくれない今回のFENDERペダル。

そして最後がMARINE LAYER REVERB。



PRE DELAYとDAMPINGを搭載した高機能リバーブです。
タイプがホール、ルーム、スペシャルとありますが、スペシャルとは!? FENDERらしいスプリングリバーブではなさそうです。 最近流行のアンビエント系が来てもおかしくなさそうな気がします。

以上、公開当日最速レポートでした。
国内入荷が待ち遠しいです。
友だち追加