記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : IK Multimediaよりペダルボード型オーディオインターフェース、ロータリー・スピーカー・エミュレーターが登場!

この記事は2018.01.25 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

IK Multimediaよりペダルボード型オーディオインターフェース、ロータリー・スピーカー・エミュレーターが登場!

IK Multimediaからはペダルボード型オーディオインターフェース「iRig Stomp I/O」、そして、ハモンドUSA、鈴木楽器製作所の研究開発部門と共同開発されたLeslie公認コレクション「Leslie」が発表されました!

iRig Stomp I/O

iRig Stomp I/Oは、エクスプレッションペダル、4つのフットスイッチに加え、オーディオインターフェース/MIDIインターフェースも内蔵したペダルボード・コントローラーです。この姿を見ただけで、ある程度使い方の予想がついてしまう方も多いかと思います。(個人的にはStealthの文字が浮かんできました。IKとこの形状で懐かしいと思われる方も少なくないはずです)

 

4つのフットスイッチの機能としては、プログラムチェンジ/コントロールチェンジ、そしてAmplitubeのソフトウェアであれば、そのスイッチにアサインされたストンプのエフェクト切り替えができます。

 

デバイスへの接続はUSB/Lightningなので、Mac/PCはもちろんのことiOSデバイスにも対応しています。

Stomp I/Oという名前なので、ギター、ベースの楽器接続だけかと思いきや、XLRと1/4インチ標準のコンボジャックなので、マイクも接続できます。48Vファンタム電源も送れるので、コンデンサーマイクにも対応可能です。

MIDIのIN/OUT端子や外部のフットスイッチ端子もあるので、拡張性もあります。音楽制作からライブまでこなせる1台になっています。

発売は今年の春を予定しており、現在はPre-Order Price(299.99ドル)でご予約受付中です。

 

Leslie

 

「Leslie」は、IK MultimediaとハモンドUSA、鈴木楽器製作所との共同開発により出来た意欲作。

今回、レズリーのシュミレートソフトウェアを作るにあたり、ロータリー・スピーカーのサウンドはローターの回転、キャビネット内の共振などの影響を考えると、物理モデリングだけでは難しいという結論に達し、物理モデリング+インパルスレスポンスの手法によって、Leslieから公認を受けるほどのレズリーサウンドが再現されました。

 

5種類のアンプ、6種類のスピーカーから選択可能。現行の物だけでなくVintageのものも選べます。

 

 

マイクの位置やローターの回転速度も勿論変えることが可能です。

 

LeslieはAmplitube版のAmplitube Lesile、T-RackS版のT-Racks Leslie、Amplitube版、T-RackS版のバンドルの3ラインナップからお選びいただけます。こちらも2018年3月の発売が予定され、現在Amplitube Lesile、T-Racks Leslieは99.99ドル、バンドルは149.99ドルでプリオーダー受付中です。

 

最後にこのLeslieの説明をしてくださったIK Multimedia CTOであり、ソフト開発の責任者であるDavide Barbi氏とAmplitube Leslieを一緒に。

 

記事担当/小松

友だち追加