記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : Retro Instruments 某有名改造Altec 436をモデルにした新作コンプ「Revolver」登場!

この記事は2018.01.25 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

Retro Instrumentsの新作はあの改造コンプ2ch分!

名作「176」&「Sta-Level」など、最高峰のコンプレッサーの新品を買おうと思った時に必ず名前の上がるRetro Instruments。Retroからは、某有名改造Altec 436をモデルにした2chの新作コンプ「Revolver」が登場しました!

 

 

イギリスで「某スタジオ」と言えば、あそこですよね!そこにあるAltec 436を再現するのに費やした年月は、なんと7年にも及ぶそうです。入出力をバランス化、Sidechainの搭載、Attack、ステレオリンク、INPUTなどなど、実際に使用する上でより細かく設定出来るよう機能が追加されています。写真の右端(すいません。見切れてます)のDUAL THRESHOLDを回すと、RATIOの値とサチュレーションが強くなります。

 

Retro Instrumentsの製品全般に言えるのですが、この音楽的な歪感が乗るだけで「あ〜いい音だな〜」ってすぐハマっちゃう感じです。個人的な感想ですが、Altec 436の実機は、音は良いのですが正直使いづらい部類。こういった現在の用途に合わせた改良がされている機種が出ると、何にでも掛けたくなってしまいますね!

 

同じくAltec 436をポール用に改造したモデルの復刻版「CHANDLER LIMITED/RS124」がライバルになると思うので、デモ機が届き次第2台並べて直接対決をさせてみたいと思います。

 

気になるお値段は$3,000くらいとのことですが、代表モデルである「176」&「Sta-Level」や「RS124」と違って2ch分での値段になるので、意外とお手頃なのかもしれません。日本での発売が待ち遠しいですね!

 

記事担当/澤田

友だち追加