記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : MEE AudioからM6 Pro 2nd Generation発表。

この記事は2018.01.25 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

MEE AudioからM6 Pro 2nd Generation発表。

今や人気イヤホンの1つであるMEE Audio。NAMM SHOW 2016では、フラッグシップモデル「Pinnacle P1」が発表されました。それから2年経ったNAMM SHOW 2018では、定番商品M6 Proの第2世代モデルが登場です!

フェイスプレートオプション

MEE Audioの定番機種の1つであるM6 Proに新たな動きがあることは、MEE Audioの公式facebookで事前アナウンスがありましたね。初代M6 Proと大きく変わったところは付け替えが出来るフェイスプレート。色んなデザインが用意されておりますが、M6 Pro 2nd Generationの本体オプションとして用意されているので有料となります。

日本での取り扱いについては現在未定とのことで、どのような展開にするかも検討中とのこと。

多くのデザインサンプルがあったので、ご紹介します。

 

 

 

 

ドライバーアップデート

M6 Pro 2nd Generationの変更に伴い、ドライバーもアップデート。以前と比べ、高域の伸びやかさが加わり、全体のバランスが良くなりました。少し低音が強いかなと思う初代M6 Proよりもタイト目になり、聴き疲れしにくい印象。

形状もより耳に収まりやすくなったような感じでした。価格は据え置きで、49.99ドルで販売、4〜5月頃の発売予定とのこと。

 

 

カスタムイヤーチップ

MEE AudioのMike氏と会うことができ、MEE Audioブース内にある小部屋に案内してもらったところ、M6 Pro 2nd Generationにつけられるカスタムイヤーチップについて聞くことができました。M6 Proの汎用のイヤーチップではなく、先端部だけを自分の耳型に合わせたカスタムイヤーチップで、より確かな装着性を得られるものになります。イヤーチップ自体は100ドルのようですが、耳型等の問題もあるので、日本での取り扱いは未定です。

進化したM6 Proの発売が待ち遠しいです。追加情報を乞うご期待ください。

 

記事担当/小松

友だち追加