記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : Lynx Studio Technology 現在爆進中のAurora (n)にマイクプリ搭載モデル「Aurora PRE 1608」登場!

この記事は2018.01.25 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

快進撃中の「Aurora (n)」シリーズにマイクプリ搭載モデル発表!

毎年、オープンと共に開く扉から入ると真っ先にあるのがLynx Studio Technology(以降、Lynx)のブースです。

 

発売以来、プロの間の口コミで音の良さが広まり、導入&デモ依頼が途絶えない「Aurora (n)」シリーズにマイクプリが搭載したモデル「Aurora (n)PRE」が登場しました。

筆者もここ最近の機材の中では頭一つ出ているというか、次の世代のレベルの音が始まったなと感じています。そんな「Aurora (n)」シリーズ、基本はAD/DAなので、実際に使おうと思うと細かく周辺機器が必要だったりもします。

 

そんな中、Lynxが「ここ20年以上のアナログ&デジタルの開発の歴史の中で最高峰」と謳うほどの自信作のマイクプリ「LM-PRE4」を8個も搭載し、 マイクプリ/ライン/インストが8個、ラインインのみ8個、ラインアウトが8個の16in/8outのモデルが登場しました。

 

 

お気づきでしょうか?オープンしたてなので、マイクはあるけどヘッドフォンの準備が未だとのこと・・・みんなが興味あるのはそこなのに・・・と言う感じでしたが、明日あたりには聴けるかもしれませんね!

 

 

ちなみに背面はこんな感じで、通常の3スロットのうち2つがLM-PRE4モジュールで埋まる形となります。

 

 

肝心な音もそうですが、発売時期や販売金額等も歯切れの悪い感じだったので、明日もう一度トライしてみます。「LM-PRE4」を4ch追加するボードが600ユーロ以上するので、それが2個分+本体価格となると、なかなかの金額になりそうです。

 

毎年のNAMMあるあるで、最終日に新製品がしれっと置いてあったり、2〜3日目くらいで完璧なデモの準備ができたりするので、明日・明後日に期待です!(笑)

 

記事担当/澤田

 

 

友だち追加