記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ小松編

この記事は2018.01.14 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

2018 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ小松編

5年連続レポーターの澤田と対象的に、2014年 WINTER NAMM以来となる久々参加の小松です。2014年に現地レポートをした内容を振り返ってみましたところ、Apollo Twin、Slate VMS、Sample Tank3と今や定番製品が初めて公開された年でした。発表と同時に発売したApollo Twinもあれば、初登場が2014年で、実際の発売開始は2016年の後半だったSlate VMSと、発売時期は本当に様々なのもNAMM SHOW。今年もどんな新製品が発表されるのでしょうか。

現時点での新製品情報

私はヘッドホン/イヤホン分野の担当をしておりますので、この分野の新製品も気になるところですが、DAW/レコーディング系製品の新製品も勿論気になります!小物系も好きなので、便利グッズで扱えそうなものを見つけてきたいです。

この時期になると、メーカーがプレスリリースやfacebookで新製品のアナウンスをし始めておりますが、ここを突いてきたかというような商品がAuratoneをモデルとしたスピーカーMixCubesを発売しているAvantoneから、YAMAHAテンモニのスピーカーユニット!

 

イヤモニ関連で検索をしていたところ、現在β版で運用されているAudioFusionというソフトウェアを発見。

Audio Fusionソフトウェアでオーディオソースの各チャンネルをキャプチャーし、Wifi経由で伝送。

ミュージシャンはAudioFusionのアプリをダウンロードし、個々でモニターミックスをコントロール出来るというもの。

NAMM SHOWで見ることが出来そうです。

 

バランスケーブルセットがスマッシュヒット中のMEE Audio。定番イヤーモニターM6 Proに何やら動きが、。

 

カスタムIENブランドCTM(Celar Tune Monitors)からは新しいプロダクトライン「Da Vinci Series.」を発表するという公式アナウンスが。

9BAドライバーと10BAドライバー搭載モデルが出る模様。これは気になるところですね!

https://cleartunemonitors.com/post_detail.php?id=28

 

Warm Audioがまたやってくれました!1073をモデルとしたマイクプリシリーズ!

 

などなど、楽しみな製品が他にもありそうですね!

レポートを乞うご期待ください!

 

担当:小松

友だち追加