記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2018 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編

この記事は2018.01.12 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

今年はシンセ系が豊作の予感!?

なんと5年連続で現地からレポートさせて頂きますスタッフ澤田です。ここまで来ると個人的には冬の風物詩の一つになってきました!

 

日頃から世界中のサイトで情報を集めては買い漁っているわけですが、実際に触ったことの無い製品はもちろん、人のレビューで褒められていようが自分の評価でしか接客できないスーパー辛口の機材マニアでもあります。 前回の2017 WINTER NAMMで発見し、弊社で取扱いすることができ、大ヒット御礼中な「ISOVOX2」に味をしめ、今年も何かヒット作を見つけてこようかと画策しております!

 

例年通り、世界中のメーカーがこのNAMM SHOWのタイミングで新製品を発表するということも有り、1年で一番業界が盛り上がる訳ですが、もしかしたら毎年レポートを読んで頂いている皆様よりも僕自身が一番楽しみにしています。

 

大々的に発表され、デモもあったのにまだ発売の情報が全くこない製品が今年こそは出るのか?っていうのもNAMM SHOWの醍醐味の一つです。ちなみに何事も無かった様に翌年に展示が無いものもあります(苦笑)

 

毎年書いていますが、仕事ながらも現地に行かしてもらえる分、皆様の耳と目になったつもりでSHOWの模様をリアルタイムにレポートさせて頂きます。今年は例年に比べて事前リーク情報等がかなり少ないですが、裏ではメジャー級の新製品の噂もちらほら聴こえています。

 

今日現在(2018.1.12)までに公表されている情報や希望的観測な噂をまとめてみると、、

 

・Moog から「DFAM the Drummer From Another Mother」というsセミモジュラーアナログパーカッションシンセの情報が公開されています。昨年は展示機が皆無という強烈な展示をしたMoogのブースですが実機の展示はあるのでしょうか?

 

・Waldorfから「STVC string synthesizer and vocoder」と言う新製品が出るかも?

 

・RMEから「ADI-2 DAC」とTotalmixのニューバージョンのアナウンスがされています。IOS等にも対応しているので、2018年度のDAC対決の先陣を切りそうですね!

 

・業務用のレコーダーでお馴染みのJoeCoから「Cello」という384Khzに対応した22 in/4 outのUSB 2.0インターフェスが発表されています。なんと想定売価は$899と意外とお求めやすいようです。実際に音質等をチェックしてきますね!

・IK Multimediaから何かすごいの出るかも?

・Ableton/Live10が実際に触れるのか?

・FL Studioが一気にVer.20へ?

・Behiringerがポロポロと。

・SLATEさん、いろいろそろそろお願い。

 

以下、1/22追記

・TK Audioから、マイクプリアンプの新作DP-2 発表!あまり有名な製品ではありませんが、DP-1はかなりコスパの高い名作なので、期待できます。

・sE ElectronicsとRupert Neve Designs 三度目のコラボ!真空管マイク「RNT」発表!会場のいつものところに有れば、かなり前半に会えるので、しっかりと試してきます!

 

 

 

・10万円以下のインターフェイスの王者Audientから、マイクプリが4機搭載された「ID44」発表!ヘッドフォンが2系統、ADATも2系統と使い勝手が大幅にアップグレードされていますね!

 

などなど。フタを開けてみるとサプライズの連続の数日間です。今から開催が待ちどうしいですね!お楽しみに〜!

友だち追加