記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:164 最後に更新した日:2018/01/30

2017 WINTER NAMM : Universal Audioから遂にApollo Twin MK兇登場!!

この記事は2017.01.13 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

Unversal Audioのブースにやって参りました!

一昨年はApolloラックシリーズのブラックパネル「Apollo 8」シリーズがリリースされ、昨年度もUAD-2 DSPアクセラレータをラックを買うと無償プレゼントキャンペーンを実施など話題に事欠かないUnversal Audioですが、Apollo 8シリーズが出たのでApollo Twinもそろそろ一新されるのかな〜?なんて期待を込めつつ見にいってきました!

 

はい!遂にきました!待望のApollo Twin シリーズの最新機種「Apollo Twin MK供廖!見た目もブラック筐体に一新されており、高級感が漂っております。

 

リアパネルはこんな感じです。(Apollo Twin MK Quad & DUOの場合)

 

ApolloのカスケードやApolloラックシリーズと併用してモニターコントロールとしての使用など、従来の基本的な機能性はそのまま引き継がれているようですが、以下の新機能が搭載されております!

 

■既存製品のSOLO / DUOに加え、更なるDSPパワーのQUADモデルの追加

■Apolloラックシリーズ同様のブラックカラーへの変更

■Apolloラックシリーズと同じAD / DAコンバーター搭載によって、サウンドクオリティーのアップ

■TALK BACK機能追加によって、スタジオでのAPOLLO複数製品におけるシステムアップが容易に可能

 

特筆すべきはApollo Twin MK にQUADが追加された事です。すでにApollo シリーズとUADプラグインをご使用の方は経験があるかと思いますが、従来のApollo Twinでは最大がDUOだったので、出先でUADをかけ録り、もしくはDSP処理をして使用すると、その数に限界がありました。「でもラックを持ち運ぶのはしんどいし、そんなにチャンネル数もいらない」という方は意外と多いと思います。そんなかゆいところに手が届くのがApollo Twin MK QUADだと思います!

 

また、従来のApollo Twinは(銀パネル時代のApollラックもそうでしたが)、UADプラグインの性質上、DA部分の音質が少し丸めな感じでしたが、今回のアップグレードでApollo 8 シリーズと同様のAD / DAコンバーターが搭載された事により、UADプラグインを使用した際の音質を損なう事無く、そのまま解像度があがった感じの音質になっております!

 

Windows 10ユーザーの方も今回の情報はかなり熱く、UADソフトウェアのバージョンアップもApollo Twin MK兇汎韻犬リリースされ、Thunderbolt接続でのApollo複数台使用もようやく可能になります!

 

UADプラグインのキャンペーンもここ最近ちょくちょく出しているUniversal Audio!今後の展開から目が離せません!!

 

ちなみにブースにはこんなお洒落な商談スペースがありましたよ!(笑)

 

■Universal Audio

※価格は全て税込表記です。

Apollo Twin MK SOLO ¥85,320

Apollo Twin MK DUO ¥110,160

Apollo Twin MK QUAD ¥159,840

 

 

 

担当:山下

 

友だち追加